味気ない食事療法ばかりじゃない!~美味しく楽しむには~

美味しい食事療法

食事療法とは?

食事療法は何のために行うの?

食事療法というのは、その人の体質や状態に合わせて摂取カロリーや栄養バランスを考えた食事を行うものです。健康的な人が行うと病気の予防になりますし、まだ病気ではないけれど健康診断で注意された人が行うと病気になるのを食い止めることができます。また、既に病気になってしまった場合でも、食事療法によって悪化を防ぐことが可能です。

摂取カロリーの目安を計算する

食事療法を行う場合、1日の摂取カロリーの目安を計算で求めることができます。人それぞれ適切な摂取カロリーは異なるので、きちんと把握しておきましょう。

【一日の摂取カロリー目安】
標準体重(kg)と身体活動量をかけたもの

【標準体重】
身長(m)の二乗に22をかけたもの

【身体活動量の目安】
・デスクワークや主婦:25~30kcal
・立ち仕事:30~35kcal
・力仕事:35kcal~

楽しく食事療法するには

食事療法と聞くと味気なく辛いものだというイメージを持っている人もいるかもしれません。しかし、摂取カロリーや栄養バランスに気をつけることで美味しく楽しい食事療法を行うことができます。料理をするのが苦手で自分でメニューが考えられないという場合は、ウェルネスダイニングなどの食事療法を考えた弁当の活用も効果的です。

食事療法する上でのポイント

摂取カロリーの目安を守る

前述したように、人にはそれぞれ摂取カロリーの目安というものがあります。それを超えてしまった場合、せっかく食事療法をしていても充分に効果を発揮することができません。自分に適した摂取カロリーを知り、毎食ごとにしっかりカロリー計算をして守るようにしましょう。

3食食べる

食事の回数が少なくなると、食事をしたときに血糖値が上がりやすく、栄養素も吸収しすぎてしまう危険性があります。なるべく3食きちんと摂るようにしてください。

栄養バランスを考える

食事療法をする場合、摂取カロリーを守るだけではなく栄養バランスも意識することが大切です。摂取する栄養に偏りがあると病気の悪化に繋がることがあります。主食、主菜、副菜を揃えてバランス良く食べてください。メニューを考えるのが難しい場合はウェルネスダイニングなどの食事を参考にしましょう。

適度な運動

運動を合わせて行うことで食事療法の効果を高めることが可能です。運動するとカロリーを消費して血糖値を下げ、高血糖の改善など様々な効果が期待できます。病状によって適切な運動量は異なるので、医師と相談した上で決めてください。

適正体重を目指す

体脂肪が多い状態ではインスリンの効果が悪くなってしまいます。きちんと治療の効果を出すため、適正体重を目指しましょう。

健康のけの字も知らない私達に教えて!健康のアレコレ

食事に含まれるカロリーを計算する場合、どこを見れば良いですか?

加工食品には栄養成分の表示が義務づけられています。栄養表示を見てカロリーの計算を行ってください。また、栄養表示にはカロリーの他に、どんな成分が含まれているかも書かれています。医師から制限されている成分がどのくらい含まれているのか確認しましょう。

どうしても間食したくなった場合はどうしたら良いですか?

間食すると血糖値が上昇しやすいためなるべく控えるようにしましょう。それでも食べたくなってしまった場合は、野菜、海藻、きのこなどカロリーが低く食物繊維が多く含まれるものを選んでください。

アルコールを摂取してはいけませんか?

病気の症状にもよりますが、多くの場合食事療法ではアルコールをなるべく控えることが大切です。例えば糖尿病の場合、アルコール自体はあまり問題になりませんが含まれている糖質に注意する必要があります。摂取しても良いのか、どのくらいなら良いのか、医師としっかり相談してください。

食事療法中は外食できませんか?

内容やバランスを考えて摂取すれば外食しても問題ありません。カロリーを摂り過ぎず、栄養バランスに偏りが出ないようメニューで調節してください。もしもバランスが悪くなってしまった場合は、不足した分を他の食事で補うようにしましょう。

栄養バランスや摂取カロリーを考えるのが苦手です。何か良い方法はありますか?

自分で食事を作る場合や一般的に市販されているものを購入する場合、栄養素やカロリーの計算を自分で行う必要があります。それを面倒に感じる場合は、ウェルネスダイニングなどの宅配弁当を利用してください。栄養素やカロリーを考えて作られているので、楽に食事療法を行うことができますよ。

食事療法では栄養バランスや摂取カロリーが大切

食事療法を成功させたいなら、栄養バランスや摂取カロリーに気を配ることが大切です。毎食しっかり意識しながら食事を行いましょう。大変そうに感じるならウェルネスダイニングなどの宅配弁当の利用も検討してください。

広告募集中